2017年

2015 津軽編

2015 夜明け前編

2014 東北編

2013 下北半島編

16日目  

8月

30日

(水)

 野付半島へ。砂嘴地形。

トドワラ・ナラワラ。土地が沈降しているため海水による塩害で樹木が枯死し、立ち枯れしたトドマツとナラの風景。

3kmほどの散歩。

別海町郷土資料館・加賀家文書館へ。

江戸時代、野付半島の先端から国後へ渡る船が出ていた。

その時代に色々関わっていた加賀家のこと。会津藩も関わっている。北方警備のこと。

 根室へ。

根室市歴史と自然の資料館にて久しぶりの土偶。

納沙布岬。寒々しい空。歯舞群島。北方館。領土問題。

森という森はなく草原が広がっている。地形に起伏があり、凹みのところにアイヌの遺跡があったりする。

 霧多布方面へ。

温泉「ゆうゆ」につかる。至福。

霧多布岬は明日にして、西側のアゼチ岬駐車場で車中泊。

風が強く。街灯なし。他に人はいなく、夜中のトイレは真っ暗。

こんなときに限って夜中に腹下す。

後日、地図でアゼチ岬を見ると駐車場のすぐ横は霧多布共同墓地であった…

野付半島の形成と地形の変化

トドワラ

ナラワラ

別海町郷土資料館・加賀家文書館共通観覧券

根室の土偶

納沙布岬

アゼチの岬

↑TOP

© Shuji Yamamoto All Rights Reserved.